産地直送

食べ物総合

チロ・イージマの「これでどうだ! 食べ物リンク」
とっておきの食べ物リンク集の紹介です。2年ぐらい前から目を付けていたチロ・イージマ氏。98年1月中旬、コンタクトをとって会えるかなぁ〜と楽しみにしていたのに、彼女のポカ(←ごめーん。でも事実だったりする)で残念ながら会えなかった。リンクしているのは全部、彼女が試食しているのだからスゴイ! 食べ物にこだわりのある彼女のセレクトだから、間違いなしでしょう。このページから表紙に戻って、サイト全部を見てもおもしろいヨ。別サイトにしている「かさねや」ホームページも必見。

郵便局・ふるさと小包
ココも私のマル秘サイトを披露してしまいます。産直は、誰でも知っている名産物ほど、ボラれます。インターネットだからといって安くありません。百貨店の地下、または催し物会場で買った方が安いといっていいかもしれません。インターネットって、低資本で、直に消費者と取り引きできるというのがウリなのに、中抜きの販売業者分も利益にしようとする生産業者が多いのにはアキれるばかり。地方の名産は何か、産直サイトの値段が良心的かどうかを調べたいときは、ココを使いましょう!(詳しくは、「インターネット通販ボックスで書く予定)


果物・野菜

バーチャル八百屋

生産業者のサイトを集めたモールで、旬の果物・野菜が登場するとメールで告知してくれるからラク。トマト、ナシ、さくらんぼなどを購入。産直サイトはけっこう高い値段設定をしているところが多いが、バーチャル八百屋は良心的。お徳用パックを狙って注文しています。サンキューメールも必ず届き、配送も早い。

紅光

こだわりの野菜・果物を扱っているショップとしては有名。値段は安くはないけれど、スーパーでは手に入れられないおいしいものが購入できます。バラの花束もお買い得。漫画「美味しんぼ」で絶賛された「りよくけんトマト」を購入。春のみ販売。味はバングンだったが、私が注文したときには、サンキューメールがこないかった。不安になり、メールすると、注文が殺到していたとか。これってショップ側にとって命取りの行動だと思うけれど……。自動で対応すればいいのに。97年12月に「りょくけんみかん」を注文したら、画面で注文を確認するようになっていました。このみかん、味が濃くて、昔食べたみかんという感じでした。地元静岡のお店だから応援してます。



湯どうふ

大正屋特選湯どうふ

九州・嬉野温泉の名産だという「湯豆腐」。加熱すると豆腐から汁が出て、白く濁るという。冷凍された嬉野温泉のお湯(弱アルカリ泉)もついてくるから、鍋とコンロだけを用意しておけばOK。オンラインで注文できるけれど、確認は翌日電話が入る。しっかり商品名を覚えていなかったから、電話が入っても何がなんだかわからなかった……。勤務先と自宅の電話番号を書いておいたほうがいいかも。ナマものだから、湯どうふをする日にあわせて届けてもらったほうがいい。注文画面の要望欄に配送日を指定できる。食べた実感としては、煮ても豆腐が柔らかいまま。汁も豆乳みたいでした。豆腐にこだわりのある人ならば、注文してみる価値は十分かも。このショツプが紹介されている九州いいもんみっけ!は、「いかしゅうまい」「ちゃんぽん」など九州の名産品を揃えていて、今後のラインナップも楽しみ。



トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座