CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP






 

 ちょっと聞いてよ!


第2回 実は待ってるこんなこと… ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうあれは、4年ほど前のことかしら、当時よく行ってた居酒屋のマスター
がこんなことをあたくしに聞いてきました。
「近ごろの女性が男性に求める3つのモノってなんだと思います?」
あら、あたくしだって一応は、近ごろの女性よ!ってことで、3つのモノを
考えてみました。

ここでいう3つのモノというのは、お金や名誉というものではなくて、
・やさしさ
・思いやり
・誠実さ
というようなことなのです。
上にあげた3つが、あたくしの答えでした。その内の「やさしさ」と「誠実
さ」は正解だったのですが、残るひとつがわからない。思いあまって「満足
させてくれるエッチテク?」なんて、いってしまう始末。

マスターいわく、「強引さ」なのだそうな。近ごろの女性は、男性の強引さ
を求めているのだそうです。強引さと聞いて、「黙ってオレについてこい!」
ってことか?と思ったあなた、残念ながらそれは不正解。それは“ワガママ”
ってやつですよん。ではでは、イヤがる女性を無理やりに……ってことか?
と想像したあなた、残念さのカケラもないくらいの不正解。ブッブー失格〜!
では、ここでいう“強引さ”というのは──。

恥ずかしながら、ここであたくしが経験した話をひとつ……。もう、かれこ
れ3年ほど前のことかしら、とあるステキな男性と知り合ったのでございます。
2回ほどお食事をしたあとのこと、その男性からこんなメールが届きました。
「今度、ボクとディズニランドに行ってくれませんか?」

彼のことは、あたくしも気になっていましたから、ぜひにもご一緒したかっ
たのですが、悲しいかな彼が指定してきた日の1週間後に、友だちとディズ
ニーランドに行く先約があったのです。そんな頻繁に行くほど、もの好きじ
ゃありません。泣く泣くこんなメールを書きました。
「実はその1週間後に友だちとディズニーランドに行きます……」

ところが男性からのお返事は、「今度の水曜日、東京駅の京葉線ホームにて
午前9時にお待ちしています」というものでした。えっ? あたくしのメール
は読まなかったの? それとも「ごめんなさい」が伝わらなかったの? 気
になる男性だっただけに、ハッキリと「ごめんなさい」といえなかったので
す。もう、ここまで男性にいわれては、行くしかありません。意を決して、
当日の午前9時に京葉線のホームに行きましたとも!

で、その結果ですが……ムフフ、その男性とはおつき合いをすることになっ
たのでございますヨ、うふっ♪ 彼いわく、「断ってきたのはわかってたけ
ど、どうしても一緒に行きたかったんだ。だからちょっと強引だったけど、
あのメールを書いたんだ」ですって! いやん、バカ!!

そう、女性は「誘ってくれる」のを待ってるんです。もしも、彼が「そうで
すか、ではまた次の機会にしましょう」といってきたら、2人の関係は進展
しなかったかもしれないワ。あたくしも“気になる男性”なだけに、ハッキ
リと断れなかったのは、「それでも誘ってくれたら……」という気持ちがあ
ったからだもん!

女性って“気になる男性”には「誘ってビーム」を出すんです。
「美味しいイタリアンが食べたいナ」
「夜景のキレイなバーラウンジに行くのが憧れなんです」
「ドライブとか好きなんです〜」
というようなカンジで……でも自分から誘うのは、恥ずかしいという気持ち
があるからビームを出すのが精一杯なのよん。

「誘ってビーム」が出ていたら、モジモジしないで、ドンドン女性を誘って
ください。ちょっと困った態度を見せても、誘ってくださいナ。これが、こ
こでいうところの“強引さ”ですから。そうか! それならば明日っからガ
ンガン誘うぞぉ〜! と思ってるあなた、あくまでも「誘ってビーム」を出
している女性にのみ“強引さ”は有効ですからね。そうじゃない女性を強引
に誘っても、効果がないばかりか、完全に嫌われること間違いなしですので、
ご注意あそばせ!

 

これがグーよっ!
                              
「それじゃあ一緒に行きましょう!いつがいいですか?」

「誘ってビーム」を感じたら、積極的に具体案を出してネ!
これでこそ、こちらもビームを出すかいがありますワ!


 


 ☆BACK★ 
★NEXT☆


 

 

 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。