CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP






私のラブラブメール体験記

◆ 人見ゆきえ ◆ 

第11回 メール交換するうちに好みのタイプも変化 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


退屈な日常に飽き足らず、刺激を求めてラブラブメールをはじめた最初のこ
ろは、いかにおもしろい話をしてくれ、自分に刺激を与えてくれる人かどう
かが、メール交換をする相手を選ぶキーポイントでした。
「週末はヒマしてます」「寂しいです」「彼女が欲しいです」
そんなメールは即削除! 私はヒマじゃないのっ!

多少、自信過剰気味でも、知的で話題豊富でユーモアあふれる人、そしてち
ょっと女心をくすぐるメールを送ってくる人、そういう人たちとメール交換
を楽しんでいました。しかし、そういう相手とのメール交換を長続きさせる
ためには、こちらも送る内容に気をつかわなければなりません。相手の振っ
てくる話題について調べたり、オススメの本を読んで感想を書いたり……。
そのために時間を割くのがだんだん億劫になってきた私は、だんだん返事を
出すのを面倒に感じるようになっていました。

刺激のある関係を求めていたはずなのに、その刺激にだんだん疲れてきたの
です。日常が忙しくなってきて、仕事のストレスなどが重くなってくると、
刺激を求める余裕はなくなるんですね。そして、自然とメル友に“癒し”を
求めるようになっていったのです。

自信過剰でラブコールを送ってくるような人にはあまり関心もなくなり、誠
実で丁寧な文章を送ってくる人を探すようになりました。相手をおもしろが
らせようとか、刺激を与えようというよりも、何気ないことを相手に話し、
感動を共有したいという気持ちが大きくなってきたのです。

                           (次号につづく)

        時には少し刺激も欲しいわがままな29歳 ♀

☆BACK☆    ★NEXT★


 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。