CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP







私のラブラブメール体験記

◆ 橘りおん ◆ 

第10回 実は、私には… ★
━━━━━━━━━━━━━━


ふたりだけのチャットが3カ月ほど続いていたある日、彼から「ずっと一緒
にいたいね」という話が出てくるようになりました。「どういうこと?」と
たずねても、はぐらかされていましたが、将来の話をしているということは
ピンときました。この盛り上がりの延長線上に結婚があるとすれば、幸せで
いっぱいでしたが──。

実は私にはU男以外に、3年越しでつき合っているS男がいたのです。“二股”
といわれてしまえば、そのとおりですが、U男と知り合う以前からS男とは別
れようと思っていたのです。なぜなら彼は既婚者。いわゆる不倫関係でした。

あとから詳しく説明しますが、そのころは誰とも結婚することを考えていな
かったので、「相手の家庭を壊すわけじゃないんだから」という甘い考えで、
S男とつき合っていました。といっても、よくよく考えてみれば、私はただ
の「都合のいい女」。それに気がつき、S男と別れようと思いはじめたとき、
心惹かれるU男があらわれたのです。

私の様子から、S男はすぐにU男の存在に気づきました。私と別れたくないと
いうS男。時間が経てば経つほど、S男との話はこじれ、もうドラマのような
泥沼状態。U男との恋愛が深まる一方で、S男との泥沼の解消を図っていた私。
精神的に追いつめられていくのが、自分でもわかりました。

元気がなくなっていく私を、U男は「疲れてるんじゃないか?」と気づかっ
てくれる。でも、優しい言葉をかけられるほど、不倫をしていた私がU男と
つき合っていることに、罪悪感さえ覚えるようになっていったのです。悩み
抜いた末に出した答えは、「すべての関係を清算し、ひとりになる」ことで
した。

                           (次号につづく)

     はじめて、この世から消えてしまいたいと思った32歳 ♀

☆BACK☆    ★NEXT★


 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。