CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP






私のラブラブメール体験記
◆ 橘 りおん ◆ 
第8回 友だちから恋人へ ★
━━━━━━━━━━━━━


私への想いは、そんなに熱いものじゃないのかしら? もしかしてU男は
男性として何か欠陥があるのかしら? と看護婦の私は考えるときもあり、
なにやら割り切れぬ想いのまま、ホームページは完成しました。

完成してからは、U男の来訪はグッと減りましたが、週一のデートは続いて
いました。友だち以上、恋人未満な私たちは、デートといっても、映画や買
い物。夜はお食事をしてお別れという、なんとも健全なおつき合いだったの
です。

そんなある日、U男のホームページにある掲示板に立ち寄りました。そこに
はカウンターが設置されていたのですが、私が500番という、いわゆる“キ
リ番”をゲットしたのです。以前から、U男が「キリ番ゲットの人にはプレ
ゼントがあります」と公言していたので、早速「とったよ〜」と書き込み
をしました。その後のメールで、「プレゼントって何?」と聞くと、「今
度会うときに渡します。お楽しみに」という返事。次のデートは、私の部
屋に来ることが決まっていたので、何だろうなぁと期待していました。

デートの当日は、私の部屋へ来た彼とパソコンの話をしたり、ビデオを見
たり……。プレゼントが気になっていましたが、もらう側から催促するの
も図々しいかなと、なかなかいい出せないまま時間は過ぎていきました。
ふと気がつくと、もう終電の時間が迫っています。

「じゃ、帰るね」と立ち上がる彼。玄関で見送るときに、意を決して「そう
いえばプレゼントって、何だったの?」と口にしました。彼は一瞬、困惑の
表情をしたため、慌てて笑顔をつくりました。
「あっ、別にないんだったらいいんだよ。気にしないで……」
言葉は、そこで途切れました。私の唇がふさがれたのです。

結局、キスをプレゼントするために、彼なりにタイミングを見計らっていた
らしいのですが、私がいい出すまできっかけがつかめなかったようです。彼
が帰宅後、送ってきたメールには、「ものすごく緊張していた」と書かれて
いました。その日を境に、恋人未満から恋人へと変わりました。でも、恋人
へのきっかけが「カウンター」だなんて……。

                           (次号につづく)

       男性にはもう少し積極性が欲しい32歳 ♀

☆BACK☆    ★NEXT★


 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。