CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP






私のラブラブメール体験記
◆ 橘りおん ◆ 
第7回 彼と一緒にホームページづくりを ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


U男のホームページを見たことで刺激され、だんだん私も自分のホームペー
ジを持ちたいと思うようになりました。ある日のチャット中にその話をする
と、U男が手伝ってくれるというのです。でも、メールで説明を受けても、
チンプンカンプン。本を見ても、何がなんだかハテナの嵐。何から手をつけ
ていいのかわからないのです。

悲鳴を上げている私に見かねたU男が、家に来て手伝ってくれることになり
ました。仕事が休みの日曜日、片道1時間半をかけて来てくれました。もち
ろん、1日だけでは、ほとんど進みません。私はホームページを開きたいと
いうだけで、コンテンツについては、まったく考えていなかったのです。ま
ずはコンテンツづくりから、一緒にやりはじめたのでした。

いろいろ案を出しながら、次第にコンテンツが固まり、ホームページづくり
が本格化してきました。最初は彼がHTML作成をして、ちょっと理解してきた
ところで私がやる、という形で進めていました。教わりながらなので、当然
のように進行が遅い。週一だったU男の来訪も、でき上がるにつれて週2日、
週3日と増えてきたのでした。

「あれがしたい」「これもやってみたい」という私の希望を、彼はいとも簡
単につくり上げいきました。彼に対する尊敬の念がわき、尊敬が愛情に変わ
るまで、時間はかかりませんでした。そう、この時点で両想いであったのは
確かなのです。実際、彼へのメールには、そういう自分の想いを伝えていま
した。

来訪の回数が増え、たまには彼が泊まっていくことさえありました。しかし、
お互いの気持ちがわかっているにもかかわらず、恋人らしい進展はまったく
なし。私のホームページが完成するまでの約半年間、28歳の男女が手もつな
いでいないのです。信じられないですよね?

                           (次号につづく)

       気持ちは口に出さなきゃダメだと思う32歳 ♀

☆BACK☆    ★NEXT★


 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。