CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP






 

出会いを広げる
     サイト別攻略法


第6回 エキサイトフレンズ2・カテゴリの特徴を知る ★ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は「エキサイトフレンズ」( http://friends.excite.co.jp/ )内にあ
る3つのカテゴリについてお話します。それぞれテーマを持ったエリアになっ
ていますが、タイトルを鵜呑みにしては、素敵な女性との出会いの確率は低
くなりがち。そこで、それぞれのカテゴリの特徴についてお話ししましょう。

★友達を探す
男性メンバーの利用がもっとも高いカテゴリといっていいでしょう。当然、
競争率は高くなるので、レス率も低くなります。女性との出会いを期待して
いるキミたちも、「返事が来ない」と嘆いているのではないでしょうか。

ボクは、このカテゴリでの出会い探しはおすすめしません。ここへアップし
ている女性のうち70%程度は、実生活で男性からの誘いがない女性と考えて
いるからです。実際、ここで知り合った女性何人かと会ったことがあります
が、「おいおい!」っていうのが正直な感想でした。もちろん、素敵な女性
もたくさんアップしていると思いますが、確率は少ないと思います。

また、ここには業者のアップが混じっていることを忘れないでください。ミ
ニメールでメール交換している段階で、女性から「電話でお話したい」「も
っとたくさん話したいからアドレス教えて」などの個人情報を聞くようなメ
ールが来たら、間違いなく業者と考えていいでしょう。また、援助交際目的
の女性も多く、警察も注目していることをお忘れなく。

★趣味ともを探す
比較的レス率が高いのがココ。女性のアップを良く読んでメールしましょう。
彼女のコメントにカチッとはまるようなメールを書かなければレス率は低く
なります。ミニメールでの話題は、趣味について程度で十分です。ただし、
趣味について中途半端な知識ではゴミ箱行き。キミがリードできるような内
容にしなければいけません。

また、長期戦でいくことを覚悟することも必要です。彼女の心の奥深くでは
出会いを求めていても、あくまで共通の趣味を持っている友達探しが建て前。
ミニメールから直メールへの切り替えが上手くいっても、いきなりの口説き
文句は逆効果になります。彼女の中では、確実にキミのポジションは上位に
あるのですから、優しさと誠実さを前面に出す工夫が必要です。

★るいともを探す
ボクがおすすめするのが、このカテゴリです。ノリの良い女性も多く、ミニ
メール段階での会話も弾みます。ボクの友人たちも、「ここ一本で勝負!」
ってヤツが多くなっています。キミが本メルマガを読んで、メールテクニッ
クをきちんと身につけていれば、必ず結果が出ると思います。ミニメールか
ら直メールへの切り替えタイミングをうまくとらえて、キミのワザで勝負!

注意点はひとつだけ。エリアごとにメールの内容も考えなければいけないと
いうこと。たとえば、「相談・悩みを聞いて」でノリの良さを前面に出して
も逆効果。女性の“名刺”をしっかり読んでメールを書きましょう。

おすすめエリアは、「性格別」「お仕事仲間」です。メール初心者の男性に
は会話の糸口が見つけにくいのか、敬遠しがちなエリア。そのため競争率も
低く、レス率も高くなります。またスレていない女性が多いようです。「合
コンしよ?よ!」などの軽いノリの挨拶から始まるミニメールで出会った女
性もいるぐらいです。逆に競争率が高いのが、「失恋」「相談・悩みを聞い
て」です。届いている多くのミニメールの中で注目されるためには、冒頭の
文章を工夫することが必要です。



                       

*掲載時と、今では事情が違っている場合があります。ご了承ください。

 


 ☆BACK★             ★NEXT☆


 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。