CONTENTS

ちょっと
聞いてよっ!


びびあん

名探偵びびあんの事件簿

びびあん
Dr.びびあん
の診察室

びびあん

出会いを
広げる
サイト別攻略法

立脇 翔

メール恋愛の
法則


立脇 翔

大人のための
ネット恋愛講座


 
岩崎りんたろう


私の
ラブラブメール
体験記

高橋 マリ
大沢 桃子
人見ゆきえ
相川 千里
橘 りおん
松崎 秀
春野 睦月
新城 英志
元村 桃珈

 


編集後記

嶋津典代

出会いパーティ
レポート


嶋津典代

LoveLove
メール
必勝法

TOP






 編集後記 


no.54

男性はオレ派とボク派の2つにわかれるみたいですね。俺、僕でも、もちろん
いいんですよ?。女性はメールを見て、俺だから、「なんかイヤな感じ」と
は絶対に思わないので、ムリして変える必要はないです。ただ、女性から見
た印象ということです。

女性の読者の皆さんは、これを意識していると、その男性が自分のことをど
う感じているのかという判断材料になります。男性は無意識のうちに私とオ
レ、ボクを切り替えている場合が多いです。プライベートはもちろん、仕事
でも、親しくなると自分が出てきます。メールでも、会っていても、「私」
ならば緊張している関係、「オレ」「ボク」はリラックスしているとわかる
のです。もし、彼が私といっていたら、緊張感をほどくような会話を心がけ
るがおすすめ。そして「私」から「オレ」「ボク」に変わる瞬間を見逃さな
いようにしましょう。

それと、女性のことをキミという人といわない人の2派にも、わかれるみた
いです。男性同士だと、「キミ」「お前」はふつうですよね。女性同士だと
皆無だから、こちらは、けっこう違和感があります。ただ、親しい男性に、
「お前さぁ、ちゃんと返事したほうがいいぜ」なんていわれるのは、男性の
優しさを感じていいですね?。(嶋津典代)

                

━★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★━

 


 ☆BACK★                                       ★NEXT☆


 
 
 
1999年9月から約2年間バーゲンアメリカより発行された
メールマガジンをWebサイトで復活させました。

 

 

 
 
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座

(C)AGLIA.,Inc..All copyrights reserved. 
リンクフリーです
バナーが必要な方は
こちらです。

お問い合わせはshima@aglia.co.jpまで。