駆け出しライターのための実践講座 
ソフトキャプチャ編

ソフトの解説をする場合、ソフトの操作画面のキャプチャが必要になります。初心者向き雑誌に掲載する場合の、キャプチャ画像の撮り方を紹介します。

その1:準備編

パソコンを初期設定に戻す

掲載誌の読者レベルにあわせて執筆をしますが、キャプチャも同じです。初心者向きの場合はできるだけ初期設定のままのキャプチャを撮ります。

特にカスタマイズをしている方は注意してください。

 

1

1)スタートボタンを右クリック

2)「エクスプローラ」をクリック

3)「ツール」→「フォルダオプション」

4)全般のページで「既定値に戻す」をクリック



※ここでいう「エクスプローラ」とインターネット閲覧ブラウザの「インターネット・エクスプローラ」とは違うソフトですので、注意してください。

2

5)「表示」タブをクリック

6)「既定値に戻す」をクリック
 

これでシステムフォルダの内容や、一部の拡張子が表示されなくなります。
jpgなどの拡張子も表示されなくなるので画像を扱うのにちょっと不便ですが、キャプチャするときは「既定値」で撮ります

3

7)上記画面で「縮小版をキャッシュしない」のチェックをはずす

勝手にthumbファイルが設定されないようになります

★こんなの面倒臭い!という方は・・・

キャプチャ用に別のユーザーを設定して、それでキャプチャしてもOK

1) 「スタート」→「コントーロルパネル」→「ユーザーアカウント」→「新しいアカウントを作成する」でアカウントを作成します。

2)アカウントの種類は「コンピューターの管理者」としてください。アカウント名は、雑誌の読者層にあわせたもにするとよいです。

3)上記3の手順だけを実行します。

4)新しいアカウントでログインしなおして、キャプチャする

★デスクトップ画面もキャプチャするとき・・・

初期設定の画像のあるデスクトップ画面だと、アイコンが見にくいため、画面を青く設定します。

1)デスクトップの何もないところでクリック

2)「デスクトップ」タブをクリック

3)「背景」を「なし」にする

4)色の部分を「青」に設定する

*青になっていない場合、プルタブをクリック。「その他」をクリックして色の設定を出す。「赤0、緑78、青152」に設定して色を追加する

5)「OK」をクリック

デスクトップに不要なアイコンがたくさんある場合は、削除して(または一時的にどこかに避難させる)おいてからキャプチャしたほほうが、きれいです。 もしくは、新たにキャプチャ用のアカウントを作成してから、キャプチャしてください。

 

その2:利用するソフト 

このページは、(有)アグライアーのライター向けに書いたものです。
他の編集プロダクション、ライターだと違う方法を「よし」とする場合もあります。
参考にするのは構いませんがその点をご注意願います。

 

 


 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座