AGLIA   ライターのための、ホームページのキャプチャー講座
上級者編

前へ TOP 次へ
 
レッスン7 スクロール画面すべてを1枚の画像としてキャプチャーする


今回は上下に長い画面(スクロール画面)を上から下まですべてを1枚の画像としてキャプチャーする方法を紹介します。

このレッスンの目標



このようなキャプチャーを撮ります。



ここをクリックすると拡大します。
 


 

用意するソフト


キャプチャー用ソフト ここではスクロール画面のキャプチャーができるWebShotというソフトを使います。英語ソフトですが、それほど使い方は難しくありません。

*英語のソフトですが、インストールから利用までの日本語解説は以下が詳しいので参考にしてください。
http://www.gigafree.net/tool/capture/webshot.html


**以下の説明は、上記ソフトのインストール、基本的な設定と利用方法はすでに取得済みであることを前提に説明しております。

Settingsで詳細の設定ができますが、スクロール画面をキャプチャーする際は初期設定のまま利用してください。

 

WebShotを起動する

 

7-1

ソフトを立ち上げます。
まずは、「Browse」をクリックして、保存先を指定します。
7-2


赤い部分にキャプチャーしたいURLを入れます。
その後右隣にあるをクリック。


(複数のキャプチャーを同時に撮るときは、同じ作業を繰り返します)
7-3

下にURL名が入ったのを確認します。


右下の 「Start」をクリック。
7-4

時間が10秒ほどで、「Complete」の文字が入ったら、保存先に新しいファイルができています。



 


出来上がり!


まれにwebshotでキャプチャーできないホームページがあるようです。その場合は他のソフトを使うか、合成します。



このページは、(有)アグライアーのライター向けに書いたものです。
他の編集プロダクション、ライターだと違う方法を「よし」とする場合もあります。
参考にするのは構いませんがその点をご注意願います。

 


 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座