AGLIA   ライターのための、ホームページのキャプチャー講座
(Windows7とIE9編)

前へ TOP 次へ

 

 
レッスン5 ダメなキャプチャーとよいキャプチャー


 ダメなキャプチャー その1



A デスクトップのアイコンが透けて見える レッスン1を参照してください
B 余計なバーが入っている レッスン2を参照してください
C 他のタブが入っている タブは1つ以外は消去してください
D コマンドバーも不要 レッスン2を参照してください
E 余計な隙間があいている レッスン3の参考にしてピクセル数を変えるか、裏技を利用して、HPの内容をバランスよく配置する。
F マウスのアイコンが入っている アイコンが入らないように、画面の外にだしておくか、キャプチャー用ソフトで入らない設定に変えておく。
G デスクトップ全体をキャプチャーしてしまったため、ウィンドウズのタスクバーやIMEの言語バーがキャプチャされている プラウザーを最大化せずに、右上にが表示されている状態する。そのうえで「アクティブな画面」にしてキャプチャーする
H ステータスバーが入っている レッスン2を参照してください。
とくにこのバーは下のほうにあるためつい忘れがちになります。

 ダメなキャプチャー その2

 

サイトのURLが選択された(青い)状態になっている 他の部分をクリックして、URL選択していな状態にする
上部が欠けている サイトの上部が一番上にくるようにする
左右のスクロールバーが入っている レッスン3を参考に、ブラウザーのサイズを大きくするか、裏技で画面のサイズを小さくして表示する。

 よいキャプチャー


画像をクリックすると拡大します。

よいキャプチャー。800x600ピクセルで撮影。
入りきらなかったので、コンテンツを90%に縮小して入れました。
完成です!!

 

このページは、(有)アグライアーのライター向けに書いたものです。
他の編集プロダクション、ライターだと違う方法を「よし」とする場合もあります。
参考にするのは構いませんがその点をご注意願います。

 


 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座