AGLIA   ライターのための、ホームページのキャプチャー講座
(Windows7とIE9編)

前へ TOP 次へ
レッスン4 キャプチャーしよう

準備もできたので、キャプチャーしたいHPをブラウザーに表示してください。

○数枚だけのキャプチャーならば、altとPrintscreenキーを同時に押して、その画像をウィンドウズに付属のソフトである「ペイント」に張り付け、jpgで保存すればokです。

○縮小などはせずに保存します。

○複数枚ある場合は、キャプチャー専用ソフトを利用すると時間が短縮できます。

○注意すること(詳細な例はレッスン5にて)

*不要なタブは消す(タブは1つだけ)

*アクティブな状態にしてキャプチャーする

*マウスの矢印アイコンは不要(マウスは画面外に置いてキャプチャーするか、キャプチャーソフトでマウスをキャプチャーしない設定にしておく)

*デスクトップ全体をキャプチャーしない

*複数のキャプチャーをするときは、できるだけ同じピクセル数で統一する(掲載時のサイズは同じになるため)

○ファイル名は、そのサイトの名称がわかるものを半角の小英文字のでつけます。

よい例:aglia.jpg

ダメな例:アグライア.jpg(日本語名は使わない)
      AGLIA.JPG(小文字を使う) ソフトによっては、拡張子を大文字で保存するものがあるので注意。

レッスン5 ダメなキャプチャーとよいキャプチャー


このページは、(有)アグライアーのライター向けに書いたものです。
他の編集プロダクション、ライターだと違う方法を「よし」とする場合もあります。
参考にするのは構いませんがその点をご注意願います。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座