003号 両替どうしてますか?【現金を持ち歩くのが心配な方へ朗報】

 

前回、360ドル以上海外で使うならばマネーパートナーズの外貨両替 はお得と書きました。ここでは1回あたり3000ドル(又はユーロなど)を空港で受け取ることができます。しかし、それだけの大金を海外で持ち歩くは不安です。

実際に私も、1ユーロ100円になった時に、2000ユーロを両替して半年後に空港で受け取り欧州旅行へ出発しました。この2000ユーロは、個人手配したホテルの支払いにあてる予定でしたが、治安の悪いスペインなどでは、移動時にかなり気を使いました。

ドルなら、シティバンクの外貨キャッシュカードを使えば預けてあったドル口座から現地でドルを引き出すことが可能でしたが、ユーロではできませんので現金を持ち歩くしかなかったのです。

 

5種類の通貨をレートのいい時に入金して使えるマネパカード

そこへ2014年の秋にマネーパートナーズ からグッドニュースが届きました。

マネパカード という、海外用プリペイドカードができたのです。これ1枚に米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨をチャージすることができます。MasterCardと提携しているのでショッピングでクレジットカードのように使ったり、ATMからの自分が入金したレートでの現地通貨の引き出しが可能(キャッシングは1回あたりドルの場合は2ドル必要)。
レートが良いと思った時に円から外貨に両替をしておけば、いつでも両替した時のレートで使うことができます。もちろん、年会費なども不要です。

カードにチャージするには、まず日本円で入金してマネパカードのホームページにログインして両替をします。両替手数料は、1ドルあたり、0.7円ほどです
前回
紹介したマネパの両替は0.2円ですから、0.5円ほど高いレートで両替することいなります。
しかし、私のように、レートのいい時に両替したものの、現金を持ち歩くことが不安だった方には多少高くてもメリットはあると思います。しかも年会費無料です。使わなかった外貨は後日お値打ちなレートで日本円に戻すこともできます。

また、カードショッピング保険も付帯しており、、購入した商品が紛失・盗難に遭っても50万円まで補償されるのも現金利用より安心です。なお、旅行時だけではなく、日本にいながら海外のオンランショップで買い物する際にもつかえるので、私も近いうちに使ってみたいと思います。

マネパカード だけをオンラインで申し込むことも可能ですが、その場合入出金時に振り込み手数料が必要となります。しかし、無料でマネーパートナーズ の会員登録がしておくと、振り込み手数料がいりませんので、こちらにもぜひ申し込むことをお勧めします。

 

 

マイラーな私として残念なのは、このカードを利用してもマイルやポイントがつかないことです。でもお値打ちなレートで買い物ができるのはうれしいですし、何より旅行中にカードの請求がどのぐらいのレートで来るのか心配しなくてもいいのがポイント高いです。

 
 

2014/10/20

 

<< TOP >>

 

 

 

 外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木もいつも利用しています
 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は執筆当時(2013〜2014年)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座