007号 インターコンチネンタル アンバサダー会員はお得

 

前々回ヒルトンやSPGはクレジットカードに入会すると上級会員になれると書きました。しかしクレジットカードに加入せずとも上級会員になれるのがインターコンチネンタルホテルのアンバサダー会員です。

少し複雑なのですが、インターコンチネンタルグループ(IHG)には、インターコンチネンタルホテルの他にクラウンプラザ、ホリデーインなどの系列ホテルがあります。これらのすべてのホテルでポイントが得られるのが前回紹介したIHGリワーズクラブです。

この他にインターコンチネンタルホテルだけで利用できるアンバサダー会員というのがあります。これは有料の会員システムで初年度は200USドル、それ以降は150USドルで入会できます。
メリットの一部を紹介すると、

{1}客室アップグレード保証
[2]ご到着時、フルーツをご用意
[3]客室内に、毎日補充されるミネラルウォーターをご用意
[4]お部屋にウェルカムギフトをご用意
[5]2名様宿泊でシングルルームの料金
[6]午後4時までのレイトチェックアウト
[7]アンバサダー専用のチェックインエリア
[8]有料テレビ映画を、1滞在につき1本無料利用
[9]ウィークエンド無料宿泊券
[10]IHGリワーズクラブでのエリート資格
[11]IHGリワーズクラブで5,000ボーナスポイント


などです。ここで注目したいのは、「[10]IHGリワーズクラブでのエリート資格 」です。具体的に言うと、今のレベルの1つ上のランクにアップされます。まったく宿泊実績がなくてもゴールド会員になれます。また、宿泊実績などですでにゴールド会員の場合は、プラチナ会員です。今はもうやってないのですが、数年前までは他のホテルグループの上級会員資格をIHGリワーズクラブの事務局に提示すると、それと同等の資格を得ることができました。私はこれを使い、ヒルトンのゴールド会員からIHGリワーズクラブ(当時はプライオリティリワーズクラブ)のゴールド資格をもらいました。その後にアンバサダーに入会し、プラチナ資格を得ました。ステータスマッチで得たゴールド資格は宿泊実績が伴わなかったので1年後には一般会員になるはずでした。しかし理由はわかりませんが、アンバサダー入会から数年たった今でもプラチナ会員のままです。

注意しなくてはいけないのは、上記の[10][11]以外の特典はインターコンチネンタルホテルに泊った時だけに適用されるということです。クラウンプラザなどの他の系列ホテルの場合は、[10]で得たエリート資格での特典が適用されます。

年会費は安くはないですが、[9]のウィークエンド無料宿泊券を上手く使うとかなり得です。これは週末に2泊(金土、又は土日)すると2泊目が無料になるというものです。私はこれを使い、2015年4月にタイのサムイ島へ行きました。ここは1泊7万円ぐらいでしたが、実質半額で泊れてアップグレードもされたのでかなりリッチな気分で滞在を楽しみました。

アンバサダー会員には、ゴールド、プラチナの他に更にワンランク上のロイヤルというレベルがあります。
こちらはアリーチェックイン、部屋のミニバーの飲み物が無料、スイートやクラブルームへのアップグレードなど、更なるメリットがあります。この資格はIHG事務局からの招待制となります。条件としては年間に60泊、3件の違うインターコンチネンタルに宿泊するなどのようです。

 

2015/06/10

 

 

 

<< TOP >>

 

 

 

 外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木もいつも利用しています
 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は執筆当時(2013〜2014年)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座