126号 シャンパンの里でシャトーホテルに泊ってみた

シャルルドゴール空港の近隣にあるヒルトンホテルで1泊しました。同行者は未明にホテルを先に出て帰途の飛行機に乗りました。

私は少し時間があったので、同行者のヒルトンゴールド会員の特典である無料の朝食バイキングを簡単に食べてからチェックアウトしました。

ホテルの無料バスでTGVの出発するターミナルまで送ってもらいました。

TGVはギリギリまで乗るホームがわからないので、液晶画面の前でわかるまで待機です。約5分ほど前にホームがわかりそちらに移動して、予約をしてあった電車に乗ります。

降り立ったのははシャンパーニュ=アルデンヌTGV駅。シャルルドゴールからは40分ほどです。

ここからシャンパンの里ともいわれるランスへ向かいます。

 

目的地のランスまではフランス国鉄のローカル線でもいけますが、トラム(路面電車)でランス市内まで移動しました。 こちらのほうが本数が多いのです。

まだ新しい路線らしく、かわいい路面電車でした。

最近のヨーロッパの街はトラムが多いですね。

 

まず入ったのはランスの大聖堂。

 

 

このステンドグラスが見たかったのです。シャガール作です。

まだ朝の9時ぐらいだったので人も少なくて、思う存分干渉できました。

 

 

まだチェックインの時間の前ですが、大聖堂の前からタクシーで本日のホテルへいったん荷物を置きにいきます。

(ちなみに大きなスーツケースはパリのホテルに預けています)

今回かなり奮発して予約したのは、シャトー レ クレイエです。ポメリーというシャンパンを作ったマダムの邸宅だった建物を利用したシャトーホテルです。

 

 

 

うわさではチェックイン時にシャンパンのサービスがあるとのことでしたが、まだ10時すぎだったせいか、素敵なバーでコーヒーとクロワッサンのサービスを受けました。

あらかじめ予約のしてあった、テタンジェの見学時間までこちらのバーで過ごしました。

 

 

 

 

歩いて15分ぐらいでテタンジェのシャンパーニュメゾンへ。試飲するシャンパンのレベルによって見学料がかわります。

ここはとても現代的なメゾンでした。

最後にとても高価なコメッツというシャンパンを試飲させてもらったのですが、安いテタンジェのほうが好みでした。JALのファーストクラスで出てきたサロンもそれほどおいしいと思えたかったし、どうやら私は「ブランドブラン」と呼ばれるシャルドネ種100%のシャンパンが好きではないようです。いわゆる雑味は少ないので、お酒が苦手な方にはよいのかもしれません。でも、自分の好みがわかっただけで来たかいがありました。

 

 

 

次はポメリーの見学。ここの料金はホテルのパッケージに入っていたので実質無料。

 

 

遊園地のお城のような建物ですが、中はかなり古く地価は洞窟のようになっていました。

英語での解説ツアーに参加したのですが、説明してくれるおじさんがフランス語なまりのクイーンズイングリッシュでほとんど理解できず残念でした。

 

 

時間になったのでホテルに戻りチェックイン。

ひとりではもったいないほどのかわいい部屋でテンションが上がりました。

 

 

夕食はホテルの敷地内にあるブラッセリーへ行きました。ホテル内にも星付きのレストンランがあるのですが、あいにく休みでしたしさすがに一人で星付きのレストランに行く勇気はありませんでした。

ここも色々なシャンパンが試せて、おいしくいただきました。

 

 

お姫様気分で起きた後の朝食はホテル内にある星付きのレストランへ行きました。

 

 

ジャムやバターなどひとつひとつがきれいに盛り付けてあり、味も申し分ありませんでした。サービスもとてもよくて、人生で忘れられない朝食となりました。

 

 

ブーブクリコの見学もホテルから予約をしてもらいました。

ここもホテルから歩いて10分ほどです。郊外にあるエペルネという街まで行くと、有名なサロンやドンペリもあるのですが、交通の便がよくないのと1泊なので今回はホテルから近いところばかりの見学となりました。

 

 

一通り見学したあとにあらわれる階段に出来のよかった年号が刻まれています。

どこのメゾンもそうでしたが、地下の貯蔵後はかなり昔からあり、その上の建物は建て替えたりしているようです。

 

 

お楽しみの試飲の時間。

 

 

ヴーヴクリコのグッズは充実していて、こんな自転車までありました。

 

 

ホテルに戻り、チェックアウトです。タクシーを呼んでもらい、来るまでの時間はバーでコーヒーをだしてもらいました。こじんまりとしたホテルですが、気の使い方はまさに5つ星でした。

またパリのインターコンチネンタルにTGVで戻ります。

2017/03/10

 

<< TOP >>

 

 

 

外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木も使っています。

 
旅行ガイドブック「るるぶ情報版」でおなじみ、「るるぶ」のモール型通販サイトです。全国47都道府県はもとより、海外主要70箇所のグルメ、スイーツ、お酒、雑貨、旅行用品といった、「旅とおでかけ」をテーマとした商品を幅広く販売しています。
 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は旅行当時(2015年10月)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座