113号 コルドバの街めぐり

メスキータ見学を2時間ほど楽しみました。まだ帰りの電車まで3時間ほどあるので、メスキータ周辺にあるユダヤ人街を散歩します。
 

メスキータ周辺はいわゆる観光地になっています。こんな馬車までいました。

日本なら人力車がいるようなものかもしれませんね。

こちらの馬に乗った男性yは、どうやら本物の警官のようであたりを周回していました。

写真撮影にも応じてもらえ、ピリピリした感じではなかったので観光客サービスの一環なのかもしれません。

アルカサルに行きます。

アルカサルとは王城のことです。

私は「アルカサルー王城」(青池保子)のマンガを愛読していて、ここは主人公のドン ペドロの父親であるカスティーリャ王アルフォンソ11世が14世紀に建設したので、一度行ってみたかったのです。

見た目は無骨ですが、中は庭園やモザイク壁があり見ていて飽きませんでした。

昔の遺跡のような場所も見ることができました。
また、おしゃれな噴水と公園もあり、漫画のイメージとリンクして楽しめました。
 
 

スペインのランチは遅く、だいたいは14時ぐらいからスタートです。

ガイドブックにあったお店に13時半ぐらいに入りましたが一番乗り。

暑いのでガスパチョを注文しました。

量が多い!!

 

メインのお魚。こちらも多すぎて残してしまいました。

このお店の一階にバルもあったので、こちらのほうが少しの量のものを色々頼めたのでそちらのほうが一人旅女子にはよかったかもしれません。

ユダヤ人街を散策。
写真は香辛料やハーブです。

 

細い道が連なっています。

方向音痴ではないのですが、それでも道に迷いそうになります。

5月にはパティオ祭りといってコルドバの街の家々に色とりどりの花が飾られるイペントがあります。たしかにこの道に花があったらきれいでしょうね。

少し早目にですが、バスに乗ってコルドバ駅にもどりました。

また電車でマドリッドに戻ります。

 

マドリッド到着後は、駅から歩いてすぐのソフィア王妃芸術センターに行きました。

ここにはピカソのゲルニカがあります。思ったより迫力がありました。

 

2016/08/30

 

<< TOP >>

 

 

 

外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木も使っています。

 
旅行ガイドブック「るるぶ情報版」でおなじみ、「るるぶ」のモール型通販サイトです。全国47都道府県はもとより、海外主要70箇所のグルメ、スイーツ、お酒、雑貨、旅行用品といった、「旅とおでかけ」をテーマとした商品を幅広く販売しています。
 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は旅行当時(2015年10月)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座