103号 JALファーストクラスラウンジへ初潜入

免税店で物欲を落とした後は、サクララウンジへ向かいます。

成田空港の第2ターミナルはJALのお膝元だけあって、サクララウンジは3カ所あります。
まずは一番大きいと言われる、出国審査口のすぐ前にあるラウンジに入りました。

ここはビジネスクラス用のサクララウンジと、ファーストクラス用のファーストラウンジがあります。入ってすぐのカウンターで搭乗券を見せたところ「お客様は左側のカウンターで受け付けをしてください」とのこと。この正面のカウンターはサクララウンジ用だったようです。左側に移動して搭乗券を見せると、とても丁寧な対応でした。
この時にマッサージの予約をお願いしました。登場時間が10時55分で、マッサージは10時15分で取れました。
マッサージは15分なので、登場時間に間に合いそうです。免税店で時間をつぶし過ぎなくてよかったです。

ちょっと緊張しながら、、次はいつ入れるかわからないファーストクラスラウンジへ。

午前中ですが、お酒も豊富においてあります。

ワインとシャンパン。
ハードリッカーも充実です。

食べ物もサクララウンジ用とは比べ物にならないほど充実しています。

写真はないのですが、サクララウンジで評判のカレ−ももちろんありました。

サラダも豊富にありました。旅行中は野菜不足になりがちなのでありがたいです。
東京スープストックのスープ。これはおいしいので外せません。
まずはこんな感じで。
シャンパンとクッキーは、スタッフの方がもってきてくださいました。

スタッフの方が親切なのはどうやら、チェックインカウンターで機内持ち込み荷物につけてもらった、この「ファーストクラスタグ」のおかげのようです。

チェックインの際、このタグを機内持ち込みの荷物につけてもいいのか聞かれました。
これがあると、スタッフがファーストクラスのお客様だと気が付きやすくなるので・・とのこと。

たしかにファーストクラスラウンジは、JALのダイヤモンド会員であればエコノミーでも利用できるので、その差別化かもしれません。でも、特典航空券利用の客もちゃんとファーストクラス利用者として扱ってもらえることに感動しました。以前、、ANAのファーストも利用したことがありますが、特にこのような扱いはありませんでした。

しばらくすると、またスタッフの方が声をかけてくださり、「お寿司はいががですか?」とのこと。「え?セルフじゃないの?」

あまりお腹がいっぱいになりたくないので、えび、たまご、まぐろのうちマグロだけおねがいしました。持ってきてくださった寿司はこんなオオトロ!!

どうやら大将とっておきの最高級の部位を使って握ってもらったらしく、食べたことのないぐらいのおいしさ!!


日本酒も全国の銘酒がそろっていました。

少しずつ飲み比べました。

さきほど食べたマグロの握りがあまりにおいしかったので、今度は自分で寿司バーへ赴き、「先ほどのマグロがおいしかったので・・」とマグロの握りの身を再びリクエスト。

 

最初のほどいいやつは残っていないとのことで、中トロを握ってもらいました。

こちらもおいしい。

オードブルもいつくか、試してみました。

しばらくすると、スタッフさんがオリジナルのカクテルと、飴と紅茶の入ったメッセージカードを持ってきてくださいました。

なんて心にくいサービス!

 

おはぎとフルーツがありました。

悩んだけど、食べず。

そろそろマッサージの予約時間になったので、そちらにむかいます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016/03/30
 

 

<< TOP >>

 

 

 

外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木も使っています。

 
旅行ガイドブック「るるぶ情報版」でおなじみ、「るるぶ」のモール型通販サイトです。全国47都道府県はもとより、海外主要70箇所のグルメ、スイーツ、お酒、雑貨、旅行用品といった、「旅とおでかけ」をテーマとした商品を幅広く販売しています。
 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は旅行当時(2015年10月)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座