■代理店では得られない、いたれり、つくせりの旅行総合サービス

 個人の旅行者や出張などの需要ニーズの多い、安価のビジネスホテルや旅館
にターゲットを絞り、通常の旅行代理店にはない、いたりつくせりのオンライ
ン旅行総合サービスを提供しているのが、「旅の窓口」(http://www.mytrip.
net/)だ。
 九六年から、オンラインでホテルや旅館の予約ができるサイト「ホテルの窓
口」を運営し、利用者も多く脚光をあびてきた日本造船情報システムだが、新
しく「旅の窓口」としてスタートするにあたって、特にサービス部分を強化し
た。
 観光地の情報、鉄道の乗り換え、航空機などのルート情報を総合し、旅を計
画するといった楽しみまでを提案している。今までの旅行代理店を脅かす存在
にもなりそうであるが、これこそ消費者が求めているサービスにうまく着目し
たといえる。
 日本全国の各ホテルや旅館、また海外の主要都市にあるホテルごとに、空室
情報を掲載。宿泊先の地図、周辺の観光情報、部屋の写真や設備、サービスな
どの詳細もあるので、複数の宿泊先を比較することも容易だ。
 「旅程作成」では、観光地や宿泊先を選択すると、自動的に最寄駅を表示。
経路検索ソフトを用い、乗り換え情報、時刻表、運賃なども検索できるので、
初心者でもラクに個人の旅行計画のルートを作成できる。
 これに加えて、「会員からの投稿」のページでは、全国13万人の利用者から
の、参考になる口コミ情報も掲載。宿泊先ごとのメリット、デメリットなど、
実際に目で見て感じた情報が手に入る。まさに消費者の「かゆいところに手が
届く」サイトだ。
 現在、会員登録者数二八万人、また登録されているホテルや旅館は3000
件以上、この数字も日々増加している。
 登録宿泊施設は、会員のために部屋を予め確保しているので、シーズンピー
ク時でも部屋が取れるといった可能性も高く、また特別割引等の特典が適用さ
れるホテルもあり、利用価値は高い。
 また会員として登録するのは無料、予約手数料なども一切取らず、実際に宿
泊した場合の宿泊代金の数%を、宿泊先からマージンとして取っているだけだ。
すなわち利用者の負担はまったくないうえ、契約ホテルの負担も軽い。これも
会員や登録ホテルが増えていく要因になっている。
 登録会員には、自動的に「旅の窓口メールマガジン」を配信、イベント情報
やお勧めトピックを提案するなど、しっかりとリピーターをキープすることも
忘れてはいない。
 掲示板では利用者の生の声を掲載し、もし苦情が掲載されれば、担当者がす
ぐに返信するなどアフターサービスにも決して力を抜いていない。
 また同サイトは、コンテンツの貸し出しをしていることも特筆すべきことだ
ろう。わかりやすくいえば、旅行先で使えるデジタルグッズの紹介サイトに「
旅の窓口」の一部コンテンツをそのURLで掲載、予約は同サイトでといった具
合。これは百貨店でも同様のことが可能だ。旅先であれば、それに合った商品
を選んでページを提供、申込みページは百貨店のサイトで、ということもでき
る。

2000/04

 
   

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座