■ユーザーに影響力大のクチコミ情報

  通常のショップと比べてオンラインショップは、クチコミならぬネットでの
ウワサが及ぼす影響は強い。ネット通販のマーケティングでは、このクチコミ
は非常に大切だ。
 通販では、商品を見たり触ったりできない上、ウェブだけで信頼できるショ
ップかどうかを判断しなければいけないため、実際に購入した人の意見がショ
ップ選びのポイントになるというわけだ。
 こういう主観的な情報はネットにたくさんあり、通販リーダーというべき人
がいる。有名なのが村山らむね氏で、趣味で行っているカタログ通販、ネット
通販の情報をホームページ(http://www.lamune.com/)で公開、メールマガジ
ンも発行している。そのほか、通販関連のメーリングリスト(ML)でも、一
目置かれる人は必ずいるものだ。
 このような通販リーダーが、オンラインショップを紹介すると、ワッーと客
が殺到する傾向が強い。オンラインショップで、急にアクセスが増え、その後
も継続性があるときには、影響力のある通販リーダーが、どこかで紹介した可
能性が高い。ちなみに雑誌でサイト紹介された場合もアクセスは伸びるが、客
観的な情報では一時的になりがちだ。
 通販は不思議なもので、通販リーダーがいいというと、必要に迫られていな
くても、欲しくなってしまう。購買意欲がそそられるのである。
 今年三月、楽天市場に新規オープンした輸入下着・雑貨「ぽんマルシェ」(
http://www.rakuten.co.jp/pon/)は、マーケティングに成功し、好調なスタ
ートを切ったショップである。オープン五カ月でお客の総数が一0万人を超え
ているのだ。
 楽天市場では、新規オープンのショップの紹介などをする「楽天市場ニュー
ス」というメールマガジンを発行している。「ぽんマルシェ」は、オープン時
にセールを行い、それがこのメールマガジンで紹介された。それを見た通販リ
ーダーが、あるMLで、「ぽんマルシェ」で購入したと投稿したのである。す
ると、「○×さんの投稿を見て、私も欲しくなり、早速購入しました」という
投稿が一0人ぐらいからあったのだ。
 こうした報告をする人は一割程度だろうから、一00人ぐらいは購入したの
ではないかと想像する。私も実はこの一人だ。
 それに加えて、女性のネットユーザーは、男性と違って同姓とのメール交換
を頻繁にしているもの。メール友だちは最低でも二、三人ぐらいはいるから、
この一00人の人たちが、メール友だちに「ココ、いいよ」と伝えた可能性も
非常に高いのだ。
 「ぽんマルシェ」では、オープン時にセールで集客し、その後はセールをす
るたびに告知のメールを顧客に送っている。このやり方もうまく、ウェブでは
告知せず、このメールにURLを記載して伝えるという方法をとっているので
ある。
 ただし、ネットでは悪い情報も伝わるのが早い。客が殺到して対応しきれな
くなった場合、ネットで悪口をいわれる場合があるから注意しなければならな
い。


99年10月

 
   

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座