■変身願望を叶える会員限定サービスはいかが

 チマタでは「カリスマ美容師」が流行っているようだ。有名美容師の予約受
付日には、電話が鳴りっぱなしだとか……。私など、原宿の美容院まで足を運
ぶのも面倒で、家の近くで済ませていている。この前、カットしてもらってい
る間、美容師さんにちょっと質問してみた。
「藤原紀香と同じにしてというお客さん、多いんですか?」
「若い女の子に多いですね。ええっー、ムリだよという人もいますよ。そうい
うときには、やんわりと違う髪型のほうがいいよっていうんです」
流行モノが好きな日本人の特徴なのかなぁと考えてしまうが、キレイになり
たいのならば、自分に似合うヘアースタイル、メイクや服選びも重要なのでは
? と思う。
TBS系列で一四時から放映されている「ジャスト」で、主婦をなりたいタ
レントに変えるというコーナーがあって、これがおもしろい。ヘアー、メイク、
洋服選びをプロがする。ブロの手にかかると、こんなに変わるのかというほど
ガラリと変身する。
これに応募するほど勇気はないけれど、変身願望がある女性は多いのではな
いだろうか。
そこで百貨店が一人ひとりマンツーマンで変身のお手伝いをする。サービス
内容については後述するが、実験的にまず百貨店のホームページを使って予約
受付を行ってみるのだ。
反響が良ければ、カード会員限定サービスとして電話で受け付けるようにすれ
ばいい。
インターネットはタイムリーで、インタラクティブなメディアだ。ウェブで
予約ができるようにすると、予約状況が一目でわかる。そして空いている日に
予約するということもできる。もし、すべて埋まっていれば次のチャンスを狙
うだけ。
カリスマ美容師のように、予約が一杯なのに、電話で断るという手間もない
わけだ。ウェブで10日前ぐらいから告知しておけば、かなりのアクセスが稼げ
るはずだ。予約がとれれば当然、来店する。
肝心のサービスは「メイクアップ」と「カラーコーディネート」の二つ。
現在も「メイクアップ」は化粧品売場のメーカーごとに行われていると思う
が、百貨店が窓口になってあえて有料にする。タダだと商品を売られるかもし
れないと不安感を抱くから、有料にするのである。もちろん気軽な値段で。
予算の関係もあって難しい洋服選びは、似合う色がわかるように「カラーコ
ーディネート」してあげる。当然、こちらも有料。
私は六年ほど前にこれを取材で体験して、似合う色がハッキリし、服選びに
失敗しないようになった。一番よかったのは、自分のイメージを良くすること
ができるようになったこと。私のようなフリーランスの場合、常に選ばれる立
場だから、第一印象は大切なのだ。
それはともかく、「カラーコーディネート」を受けると、似合う色、似合わ
ない色が一発でわかる。それまでの服を一掃してまで、似合う色の洋服を購入
したくなるはずだ。女性の心理としては。

99年7月

 
   

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座